« もう7月だ | トップページ | 夏の思い出 »

2010年7月20日 (火)

悲しい現実

事務所に行く通り道沿いにゴールデンを飼っているお宅がある。
新築建売住宅で、今年になって住み始めた一家である。
そこのゴールデンは、通りに面した小さな犬小屋で飼われている。
通りは交通量が多く、精神的に落ち着かないのではないかと心配であり、また排気ガスによって空気が悪いことも心配である。
その道を通る時にいつも気になって見てみるのだが、そのゴールデンはいつもそこにつながれていて、犬小屋の外で、ガレージとの境目にあるブロックに顎を乗っけて寝ている。

さて、梅雨が明けた途端に猛烈な暑さ。
私たちはすぐにそのゴールデンのことが気になった。
この暑さの中でも同じ状況でいるのだろうか・・・。
繋がれている犬小屋のある場所は、南側なのでカンカン照りな場所である。
犬小屋は、ゴールデンのハウスにはふさわしくないとても小さな物であり、その中は蒸し風呂状態に違いない。
かと言って外に出れば灼熱地獄であり、地面の温度も相当に高くなっているはずだ。

そんな環境の中にいたら、熱射病によって死に至ってしまうかもしれない。

あまりにも心配だったので、私たちは手紙を書き、夫がそのお宅に行ってそこの奥さんに手紙を渡してきた。
手紙には「この環境では熱射病になってしまうので、環境を良くしてほしい。もしそれができないのならば、愛犬家にそのゴールデンを託したらどうでしょうか」といった内容。
それは、そのお宅でもしちゃんと飼う気がなく「そんな文句を言うんだったらお宅で飼ってくれる?」などと言われた時にはわが家で引き取ろうという覚悟があることを意味していたのだが・・・。

小さな子供が3人いるそこのお宅の奥さんは、怪訝そうな顔をして手紙を受け取ったそうだ。
もちろん手紙には、名前も電話番号も記載しておいた。

手紙を託した翌日、状況は何も変わっていなかった。
昨日はものすごい暑さ。
その猛烈な暑さの中、そのゴールデンは、ぐったりと横たわっていたそうだ。

そして今日も猛烈な暑さとカンカン照りの日差し。

せめてヨシズなどで日陰を作ってほしい。
あるいは夏場だけ玄関の中に入れるとかしてほしい。
あるいは、夏場だけ北側方面に犬小屋を移動してほしい。

この思いがそのお宅の住人には伝わらないというもどかしさ。
「どういう風に飼おうと勝手でしょ」と思っているのだろうか。
今年その家に引っ越す前はどういう環境でそのゴールデンを飼っていたのだろうか。
今と同じ環境だったから大丈夫だと思っているのだろうか。
私たちが行なった行為はおせっかい?
もうこれ以上口や手は出してはいけないのだろうか・・・

あの環境下におかれているゴールデンのことを思うと本当に心が痛む。

ゴールデンに限らず、どんなワンコでもあの環境下では地獄である。
明らかに動物虐待だと思う。

何とか救済の手を差し伸べる手立てはないものだろうか。

|

« もう7月だ | トップページ | 夏の思い出 »

思い」カテゴリの記事

コメント

あぁ~~~それは本当に辛いですね。
お手紙を書かれたのもとても勇気が必要だったと思います。
でも何もせずにはいられなかったのですよね?
分かります。

ワタシの知り合いの知り合い(ワタシは見たことはあるけど直にお話したことはない)が、サッチーによく似てる人でcoldsweats01バーニーをそれはそれは可愛がっておられました。その方のお向かいの方がビーグルを飼ってらしたそうですが、暑い中、庭につなぎっぱなしだったので、「家に入れてあげてください!それができないんだったらうちはバーニーがいて、冷房をつけていますから、昼間だけでもお預かりします!!」ってそれはそれはすごい剣幕で怒鳴り込んだんだそうです。
そしてそのお向かいのビーグルちゃんはめでたく昼間はおうちの中に入れてもらえるようになったんだそうです。
ま~これは見た目がサッチーだったから可能だったことかもしれませんがthink

あとは行政から言ってもらうっていう手もありますが、反感買われるかも?という恐れがありますよねえ・・・
難しい問題ですねえweep

投稿: ノーマのお世話係 | 2010年7月20日 (火) 15時45分

お久しぶりです♪
何だか心が凄く痛みました・・・
この猛暑、人ですら日中は出歩きたくない暑さ
その場所で繋がれっぱなしと言うのは
虐待としか言いようがないですね・・・
私もその場面を見たら同じ事をしたかも
少しでも日陰や玄関先に入れてあげられないものなのか
今年は特に暑い夏みたいなのでそのゴルちゃん心配ですね・・・
きっとその飼い主さん、その訴えも改善しないと言う事は『余計なお世話』と思っているのかな・・・
同じ犬飼いとして、やるせないです。

レディは毎日ヘソ天でクーラーの前を陣取ってます(笑)
暑いのは苦手だからね~
電気代を考えると怖いけど、こればかりは本当に
仕方ないもんね!

投稿: みやび | 2010年7月20日 (火) 19時37分

不憫・・彼らは親を選ぶことができない・・・
どんなつもりで飼ったのだろう・・・愛するつもりで
家族に迎えたはずじゃなかったのかな・・・・・・

 どこで人は愛情を見捨てるのだろう、もうその行為は
人間じゃない!

 この猛暑・・まさに虐待といっていいかと、これは
行政のなかにそういう声に耳を傾ける部署があって欲しいと願うばかりです。

 ♪まりんさん、とった行動はなかなかこうしてコメント
はできてもなかなかできるものじゃありません!!勇気に敬意を表し、ゴルちゃんが一時間でも安らぐ時間が
与えられますように願ってます。

投稿: king of CD | 2010年7月20日 (火) 20時09分

この様な日記を読むと心が痛みます。

我が家はクリスティーの為にクーラーをつけました。
日中、家で留守番をしているので・・・
信州の暑さでさえ堪え難いのに、そのゴールデンが心配です。

まりんさん勇気ありますね。ご主人も優しい方ですね。
お二人に心から拍手を送ります。

家族から愛情を注がれていない犬達を見ると辛いです。

動物愛護団体の力を借りる事は出来ないのでしょうか?

欧米だとこの様な事態があるとすぐ行政が動いてくれますね。
日本は遅れています。

投稿: すがりん | 2010年7月20日 (火) 23時50分

お久しぶりです。

この記事読んで、以前 同じようなことがあったのを思い出しましたsweat01

ビーグル犬を飼っている友人の近所であったことです。
やはり 大型犬が、ある一軒家の庭先に繋がれていました。
犬小屋はあるけれど、その大型犬には 到底入れそうもないくらい、小さなものだったそうです。
そこのご主人が、いつも世話していたらしいのですが、ある時を境に、そのご主人の姿が見られなくなったそうです。どうやら、離婚したらしいと・・・。
短い鎖で繋がれっ放しで、散歩に連れて行ってもらっている様子もないし、ご主人が姿を見せなくなってからは、なんとエサも与えていないようで、
友人は、とっても気になって、毎日様子を見に行っていたそうです。
その家の人は、女性と小さな子供のようですが、友人や近所の人たちが見る限り、犬の世話をしている様子がなく、
だんだん、犬が痩せて 弱っているのが目に見えてきたので、友人が、思い切って その家を訪ねてみたそうですが、
誰も出て来なかったということです。
友人は、このままでは 死んでしまうという不安から、おせっかいでも エサをあげに行くことにしました。近所の人たちも、あげていたようです。

それでも 鎖が短く、思うように歩き回れないし、雨が降ってきても避ける場所もなく、暑くても寒くても、身を守る術もない状態におかれていたので、衰弱していくのがわかり、友人も辛いと言っていました。

どんなに友人や近所の人たちが心配しても、他人の家のこと。
やってあげられることには限度があり、どこに どう訴えていいのかわからない、と嘆いていました。

結局 その犬は、姿が見えなくなり、死んでしまったようだと、友人も肩を落としていました。

そんな非情な人間に 飼われなければならなかったその犬が、哀れでなりませんでした。

♪まりんさんご夫婦は、勇気をもって その飼い主に訴えたのですよね。
万が一、その犬を引き取ることになってもいいという決心で!
素晴らしいことですshine
プライバシーに立ち入ることが難しいこの世の中で、
なかなか出来ることではありません。

家族同様のペットheart01
愛情と責任をもって、最期の最期まで可愛がってあげなければ!
大切な大切な命なんですもんね。

なんとか、♪まりんさんご夫婦の努力が 報われますようにdogheart04

投稿: 悠々 | 2010年7月21日 (水) 01時41分

dog皆様へ

コメントありがとうございます。
難しい問題ですね。
私たちも直接訴えようかとも考えたのですが、相手の方がもしあまりにも無責任な態度を取ったとしたら、こちらも怒りのあまり興奮して何を言ってしまうかわからないのでやめておきました。
役場に訴えることも考えましたが、今のところそこまで踏み込むべきではないかと、思いとどめています。
そこで「ワンコは大切な家族であり、良い環境を作ってほしい」という内容のお手紙を渡したのですが、こちらの言いたいことは大分抑え気味にして失礼のないようにしました。
もし直接お話したとしたら、頭に血が上りやすい私はそのお宅の方に「お宅のお子さんを昼間その犬小屋の中に入れて2時間置いてみてください。お子さんが一体どんな風になるか・・・」と言ってしまいそうです。

悲しいかな・・・やはり同じような事例があるのですね。
悠々さんのお友達のお話、やるせない気持ちでいっぱいです。
そのゴルちゃんが同じ運命にならないことを祈るばかりです。

ただ昨日そのお宅の前を通ったら、ビーチパラソルが設置されていました。
昨日私は、あちこちに寄る用事があったので、行きも帰りもそのお宅の前を通らなかったのですが、とても気になったので、夕方スーパーで買い物をした帰りに我が家とは反対方向のそのお宅に向かい、様子を見てみました。
ビーチパラソルが設置されていたので、私たちの気持ちが伝わりそのゴルちゃんのことをいたわってくださる気持ちがあったのだと、一瞬ホッとしたのですが・・・
そのパラソルの位置が、ゴルちゃんのいる場所から1m以上離れているのです。
果たしてそのゴルちゃんのために設置したのかという疑問が出てきました。
あの位置で、果たしてゴルちゃんにとっての日陰が確保できるのか・・・
家族が楽しむためのパラソル?

そのお宅の前を通る時はいつも車だし、交通量が多いのに狭い道路だから路駐することもできず、信号待ちのときなどに様子をうかがうだけになってしまいますが、今後も注意深く見守っていきたいと思います。
ただこれ以上何も介入できないのかもしれませんが・・・

しかし今日も猛暑です。
38℃になる場所もあるくらいのモーレツな暑さ。
緑の多いこちらの地方でも軽く30数度に達するものと思われます。
そのゴルちゃんの体力が持つことをただひたすら祈るのみです。
そして皆さんの思いも通じてくれることを祈りたいです。

投稿: 夏鈴ママ | 2010年7月21日 (水) 08時36分

心優しいカリコパパママらしい行いに拍手!
引っ越してきて間もないということで住人同士ってのは長年住んでないと中々伝えることができないかもね。
たまたま通勤で見かけて見過ごせない光景に心を痛めてた気持ちをお手紙にされたこと・・・通じて欲しいよね。
多分、3人の子育て、ひょっとしてアレルギーがあるような事情があったとしてもかなりフツーじゃない、見て見ぬフリをワンちゃんにしてきたような神経の持ち主なのかと・・・
新鮮なお水あげてる?フェラリア予防してる?
ノミダニ対策、シャンプーは?散歩は?ご飯は?
心配はつきないな・・・
 

うちがここに越してきて近所に無残なワンちゃんいたのよ。(カリコ家の方が近いかな)
車庫につながれたまま糞尿が山になっててエリックが横を通っても目も向けないほど弱弱しいワンちゃん・・・
数年で別の場所に引っ越していったけどね
そこの家族、挨拶はもちろん、人付き合いもあまりなく何考えてるんだろうみたいな・・・
今でも車庫に犬小屋とか愛玩犬なのに外飼育、声を失った若いワンちゃんなどなど気にかかるワンちゃんいるしね。

そこのゴルちゃんの健康状態が気になるよね
ゴルちゃんは決して強い犬種じゃないんだから!
もうプンプンだよ!

投稿: クリムーチョ | 2010年7月21日 (水) 12時24分

以前私の友達もそんな状況でゴールデンを飼っていました。

これは虐待だよって言ったら、よしずを買って置いてくれましたが、やっぱりコンクリートの上は夏は灼熱だよね

何度も言うと、人の家の飼い方に文句を言わないでよって犬なんか番犬だし、これで良いんだよって

友達が言うには見栄えが良いようにゴールデンを買ったそうです。

私は残念で仕方なかった梨花と同じ年のその子は檻から出て遊ぶことなく虹の橋に行ってしまいました。

確かに人にはそれぞれ飼い方があると思うけど、犬を家に入れるなんて汚いとか言われるけど、番犬として飼う
ってのが私には分かりません

悲しいですよね、

そんな飼い方をしてる人はたくさんいます。この田舎では、そんな家に飼われた運命なのかもしれないけど
犬にだって幸せになる権利はあるのにね

悲しすぎる

投稿: さくちゃんまま | 2010年7月22日 (木) 10時36分

dogクリムーチョっちょ
dogさくちゃんままさん

やはり酷い環境下で飼われているワンちゃんがいたんですねsweat02
今やワンコは家族の一員という考え方になったこの時代に、昔ながらの番犬という感覚で飼うという感覚が私にもわかりません。
たとえ番犬という意味合いでワンコを飼ったとしても、かけがえのない命があるのだから、虐待に当たるような環境では飼わないでほしい。
暑さ寒さをちゃんとしのげて清潔な場所で飼ってほしい。
糞尿が山になっているなんて論外だよねannoy

そりゃそのお宅、もしかしたらアレルギーなどの問題があって家の中での同居はムリっていう理由があるかもしれないけど、それだったら外は外なりに少しでも快適に過ごせる工夫をちゃんと施してほしい。
愛情を持っていたらそんなことは当たり前のことなんだけど、愛情を持っていない人にはいくら言っても通じないのかな~・・・。
悲しいよね。
尊い命なのに。

フィラリア予防とかちゃんとしているのかホント心配だよ。
お水の容器は置いてあるのが見えたけど・・・。
シャンプーやブラッシングもしてもらっていないんじゃないかな。
私自身は、車で通る時に見るだけで至近距離で見たわけではなく、そのゴルちゃんが汚れているのかとかわからないから、憶測だけで色々書くのはいけないと思うけど、色々と不安なことが頭に浮かんでしまいます。

今日(厳密には昨日)私は、横浜での勉強会に参加していたのでそのゴルちゃんの家の前を通っておらず、どんな様子かはわからないのだけど、相変わらずの猛暑だったから、熱射病になっていないか本当に心配。
勉強会を一足先に抜け出てこちらに戻ったパパりんは、そこのお宅の前を通ったらしいけど、パラソルがなかったみたいだって。
一体どういうことsign02
そのゴルちゃんの安否が気になります。

投稿: 夏鈴ママ | 2010年7月23日 (金) 01時01分

dog24日の様子

今日の朝、9時半過ぎにそこの前を通ったら、そのゴルちゃんは茫然と立ち尽くしていました。
朝のうちは犬小屋のある場所は日陰になっており、その時間はホッとできるわずかなひと時なのでしょう。
とりあえず立ち上がる力があることがわかりちょっとホッとしましたが・・・
そのゴルちゃん、想像通り何の手入れもされていないというのが一目でわかりました。
毛がホコリで固まっているのがすぐに見て分かる状態です。

ゴルちゃんのために設置したと思われたパラソル・・・
撤去されていました。
そのパラソルはゴルちゃんの為ではなかったようです。
自分たちがレジャーで使ったパラソルを干していただけのようで、クーラーボックスなどがそばに置いてありました。

それから今日の午後、夫がその家の前を通った時に、そこの奥さんがちょうど外出するところだったらしいのですが、そこの奥さんはしっかりと日傘を差していたそうです。
自分は暑さのあまり日傘を差すのに、ゴルちゃんには何もしてやらないって・・・一体どういう神経sign02
憤りが噴出してきました。

また夜に通りかかったら、ガレージには車が横向きに入れてありました。
そこは横並びで縦向きに2台駐車するガレージになっているのに、わざわざ横向きにして道路から犬小屋のところが見えないようにしてありました。

やはりこのお宅の人には、このゴルちゃんに対して愛情のかけらがひとつもないのだということが良くわかりました。

なんかね、自分がそこのお宅を監視している状態になっているのがとてもイヤなんだけど、でもどうしてもそのゴルちゃんのことが気になってしまって、つい監視状態になっています。

投稿: 夏鈴ママ | 2010年7月23日 (金) 23時32分

それ最悪!

人間もそこにいたらわかるのか!

旦那さんが怖いのか!

なんら理由あるんかな!

犬の十戒のプリントしておくとか?

入れちまえ!そんな感じです。

投稿: リッキーパパ | 2010年7月26日 (月) 20時42分

そんな人が居るのですね。bearing
信じられません!
せめて日陰を用意してほしいですね。それでなくても体温が高いワンコなのに。。
本当にこんな現実があってはならない筈です。悲しいです。

投稿: kazu | 2010年7月27日 (火) 23時44分

dogリッキーパパさん
dogKazuさん

悲しいよね。
でもその後、パラソルがまた設置されているのは確認できたので、少しは日陰ができるようになったみたいです。
一応、私たちが手紙で書いた「日陰を作ってほしい」ということは聞き入れてくださったので、それ以上のことはもう言えません。
連日33℃~34℃という猛暑の中、そのゴルちゃんはよく頑張っていると思います。
ステンレスの大きな器があったので、お水はちゃんと与えられているのだと思います。

行きつけのドッグカフェのママさんの協力を仰ぎ、そこの方と知り合いになるチャンスを作り、それで徐々にアドバイスなどしていければ・・・と計画しています。

投稿: 夏鈴ママ | 2010年7月31日 (土) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう7月だ | トップページ | 夏の思い出 »